Event is FINISHED

【今週開催】MITテクノロジーレビュー主催 Future of Society Conference 2019 —宇宙ビジネスの時代—

Description

基調講演に キヤノン電子 代表取締役社長 酒巻 久氏、
クロージングセッションに ispaceファウンダー 袴田 武史氏、宇宙タレント 黒田 有彩氏の登壇が決定!


カンファレンスの詳細・最新情報は公式サイトをご確認ください。


・「MITTR 有料会員 特別価格(割引コードで8,880円)※枚数限定」の割引コードは「会員情報の画面」でご確認ください。
・ネットワーキング・パーティにご参加希望の方は、カンファレンス参加費とは別にご購入ください。


来るべき「宇宙ビジネスの時代」の到来を先取りする1日


かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化しています。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間ベースの宇宙開発が加速し、日本政府が掲げる「宇宙産業ビジョン2030」でも宇宙産業の倍増を目指しています。

宇宙に注目しているのは、従来の「宇宙産業」だけではありません。人工衛星のビッグデータを活用するネット企業から、資源開発に着目するベンチャー企業、新素材の開発を目指す繊維企業など、人類の生活をよりよくするために宇宙を「活用」しようという動きが活発化しています。インターネット革命同様、「宇宙革命」もあらゆる産業を大きく塗り替える巨大な可能性を秘めているのです。

2020年代の大きなテーマとなる「宇宙ビジネスの大産業化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか。 MITテクノロジーレビュー[日本版]がお届けする「Future of Society Conference 2019—宇宙ビジネスの時代—」では、宇宙ビジネスの持つ可能性を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに議論し、新規事業として宇宙事業への参入を検討する企業が最新情報を集中的に得られる機会を提供します。

本カンファレンスが提供する3つの価値
① テクノロジーから法制度まで宇宙ビジネスの全体像を把握できる
② 事業化に挑む「非宇宙企業」の先行事例を学べる
③ 新規事業の創造に必要なインスピレーションが得られる

ーーーーーーーーーーーーーーーー

セッション紹介

レクチャー:世界の宇宙ビジネスの現在地
 一般社団法人SPACETIDE 理事兼COO 佐藤 将史
[概要] かつて国家主導だった宇宙開発が民間へシフトする中、宇宙ビジネスへ新規参入する大企業やベンチャーの創業が相次いでいる。なぜ、いま宇宙ビジネスなのか? 本カンファレンスの参加者が押さえておきたい最新の基礎知識を、世界の宇宙ビジネスの動向に詳しいSPACETIDE理事兼COOの佐藤将史氏が解説する。

基調講演:世界トップレベルの「総合宇宙企業」への挑戦(仮)
 キヤノン電子 代表取締役社長 酒巻 久
[概要] 1999年にキヤノン電子の社長就任以来、経営再建に取り組み、業界屈指の高収益企業へと成長させたカリスマ経営者として知られる酒巻久氏。その酒巻氏が新しい成長の柱として着目したのが、「宇宙事業」だった。「2030年に売上高1000億円」という目標を掲げる酒巻氏は、なぜ「宇宙」への参入を決めたのか? 「宇宙ビジネス」を成功させるために必要なこととは何か? 「世界トップレベルの総合宇宙企業」へ向けた同社の挑戦をご紹介いただく。

講演1:人工衛星データとAIの活用で変わる自然災害時の保険金支払い
 東京海上日動火災保険 小林 秀憲
[概要] 損保業界のトップを走る東京海上日動火災保険。同社が人工衛星を使っていま取り組んでいるのが、災害時の保険金支払いの迅速化だ。大規模な水災時に人工衛星が撮影した画像と人工知能(AI)関連技術を活用し、被害状況の速やかな把握に努めている。本システムの構築を主導する戦略推進チームの小林秀憲氏が、取り組みの成果と今後の展望を語る。

講演2:清水建設が考える宇宙ビジネスの可能性
 清水建設 金山 秀樹
[概要] 1987年に建設業界で初めて宇宙開発室を立ち上げ、いち早く宇宙開発事業へ参入した清水建設。2018年には「フロンティア開発室」を設立し、研究開発から事業化へ向けた動きを加速させている。合わせて有力な宇宙ベンチャー企業にも投資しており、建設業を超えた取り組みが注目される宇宙開発部 部長の金山秀樹氏に、事業化の狙いと背景をお話いただく。

講演3:アバター技術の現状と広がる未来
 ANAホールディングス 深堀 昂
[概要] 大手航空会社でありながら、「飛行機を使わない移動手段」である遠隔技術「AVATAR(アバター)」の研究開発に取り組んでいるANAホールディングス。2018年にはJAXAと共同で「AVATAR X」を立ち上げ、宇宙空間でのアバター技術の活用にも力を入れている。事業化へ向けてアバター準備室を総括するディレクターの深堀 昂氏がその可能性を紹介する。

講演4:宇宙から創る、食と人と地球の未来
 Space Food X /リアルテックファンド 小正 瑞季
[概要] 宇宙および地球上における食料の生産・供給に関する課題の解決を目指す「スペースフードエックス」。大手食品メーカーからバイオベンチャーまで、30社以上が名を連ねる世界初の宇宙食料マーケット共創イニシアチブは、何を実現しようとしているのか? ビジョンと現在の取り組みを紹介する。

特別セッション:国産宇宙データ・プラットフォーム「Tellus」が開く、 近未来のビッグ・ビジネスの可能性
 さくらインターネット 山崎 秀人
[概要] 2019年2月に始まった、日本初の衛星データ・プラットフォーム「Tellus(テルース)」。さまざまな人工衛星のデータや地上データをクラウド上で誰もが利用できるようにするTellusは、あらゆる企業のビジネスを変える大きな可能性を秘めている。パートナー企業とともに、Tellusの開発・運営に取り組むさくらインターネット xData ALLIANCE Project シニアプロデューサーの山崎秀人氏と、MITテクノロジーレビュー日本版編集部がその可能性を語る。

講演5:宇宙ビジネスを主導する超小型衛星の将来と可能性
 東京大学 准教授/ JAXA宇宙科学研究所 教授 船瀬 龍
[概要] 近年急成長を遂げている「宇宙ビジネス」を支えているのが、人工衛星の進化だ。低コストかつ短期間で打ち上げられる超小型衛星の開発が進んでいる。なぜ、超小型人工衛星が生まれたのか? どのような技術が使われているのか? 世界初の超小型深宇宙探査機「PROCYON(プロキオン)」のプロジェクトマネージャーを勤めた東京大学の船瀬准教授が、その背景と将来の可能性を解説する。

講演6:小型ロケット「イプシロン」の現在とこれから
 IHIエアロスペース 湊 将志
[概要] JAXAとIHIが開発した国産小型ロケット「イプシロン」。世界的に高まる小型衛星の打ち上げニーズに対応し、2019年1月には7基の小型衛星を搭載した4号機の打ち上げに成功した。小型ロケットの現状とイプシロンの技術的優位性を、機体製造を手がけるIHIエアロスペース・イプシロンプロジェクト部長の湊氏が解説する。

講演7:宇宙産業ビジョン2030に向けて
 内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 参事官 吉田 健一郎
[概要] 2017年に日本政府が発表した「宇宙産業ビジョン2030」。2030年代早期に宇宙産業の市場規模の倍増を目指す政府方針では、民間の役割拡大や、第4次産業革命を推進する駆動力としての宇宙の活用にも注力する方針が示されている。ビジョンの実現へ向けた施策についてお話しいただく。

講演8:民間宇宙活動と法ルール:宇宙ビジネスの規律と促進
 学習院大学 教授 小塚 荘一郎
[概要] 地上でのビジネスに取り組む企業が宇宙へ出ると、どのような法規制や法的なリスクがあるのだろうか。商法の専門家の立場から宇宙法へいち早くアプローチしてきた第一人者が、宇宙ビジネスと密接に関わる法制度の現状と展望を解説する。

クロージング セッション:宇宙ビジネスの時代ーなぜ、人は宇宙に魅せられるのかー
 アンタレス/宇宙タレント 黒田 有彩
 ispace 袴田 武史
 清水建設 金山 秀樹
 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) 上村 俊作
[概要] 「宇宙ビジネス」拡大の原動力となるのは、そこに携わる人々の圧倒的な熱量だ。日本を代表する宇宙起業家、異業種からいち早く「宇宙」へ参入した大手企業、宇宙ビジネスを支援する政府機関の3者が、それぞれの立場から宇宙への思い、魅力を語る。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

●イベント名:Future of Society Conference 2019—宇宙ビジネスの時代—
●日時:2019年11月29日(金)10:30受付開始 11:00開演  19:25終了予定  19:30ネットワーク(21:00 終了)
●会場:室町三井ホール(東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー3階)
https://www.mfbm.co.jp/muromachi-mitsuihall/
※近隣の「日本橋三井ホール」ではございません。お間違いのないようお越しください。
●定員:250名
●参加費:14,800円(一般価格)会員価格、早割価格、学割あり
※学割でご購入された方は当日、顔写真入りの身分証明証と学生証をお持ちください。
●登壇者(敬称略):酒巻 久(キヤノン電子 代表取締役社長)、金山 秀樹(清水建設 フロンティア開発室 宇宙開発部 部長)、小正 瑞季(リアルテックファンド業務執行役/Space Food X代表)、小林 秀憲(東京海上日動火災保険 損害サービス業務部 戦略推進チーム 次長 )、深堀 昂(ANAホールディングス アバター準備室 ディレクター)、小塚 荘一郎(学習院大学法学部法学科 教授)、佐藤 将史(一般社団法人SPACETIDE理事兼COO)、船瀬 龍(東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 准教授)、山崎 秀人(さくらインターネット xData ALLIANCE Project シニアプロデューサー)、小林 久(MITテクノロジーレビュー[日本版]編集長)、黒田 有彩(アンタレス代表取締役/宇宙タレント)、袴田 武史(ispace ファウンダー&代表取締役)、吉田 健一郎(内閣府宇宙開発戦略推進事務局 参事官) 、湊 将志(IHIエアロスペース イプシロンプロジェクト部長) 、上村 俊作(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) )
●主催:MITテクノロジーレビュー[日本版](運営:株式会社角川アスキー総合研究所)
●出展:Tellus
●協賛:宇宙ビジネス拠点 X-NIHONBASHI
●後援:内閣府宇宙開発戦略推進事務局、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
●協力:Peatix Japan株式会社



●イベント特設ページhttps://events.technologyreview.jp/fsc2019/

■お問い合わせ
イベントに関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

■注意事項

●イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間、登壇者および講演内容は都合により変更になる場合がございます。
●イベントの模様は取材や撮影が行われる場合があり、お客様が写り込む可能性もございますのでご了承ください。
●会場内での事故(病気、けが、盗難、紛失など)につきましては、主催者は責任を負いかねます。
●当日の模様は、MITテクノロジーレビューおよび、ウェブサイト、デジタルマガジン、SNSなどで掲載される可能性があるほか、MITテクノロジーレビューの広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。
●ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、MITテクノロジーレビューからの事務連絡に使わせていただきます。それ以外に、MITテクノロジーレビューおよび当イベントの協賛企業より製品やイべント、展示会、刊行物等の各種ご案内をお送りする場合がございます。
●個人情報取り扱いにつきましては、下記ウェブサイトに記載の個人情報保護方針・プライバシーポリシーをご覧ください。
https://www.technologyreview.jp/about/privacy/
●キャンセルは開催日10日前の11/19までにPeatixから手続きください。それ以降のキャンセルは返金できかねますのでご了承ください。
●お申し込みはPeatixでお願いします。当日現金払いでの入場はできません。
●イベント当日は、アプリ上、または印刷したチケットをご持参の上、会場受付にてご提示ください。ご提示いただけない場合、ご入場いただけない可能性がございます。
●学割をご購入いただいた方は、当日、顔写真入りの身分証明証(免許証、パスポートなど)と学生証をお持ちください。顔写真入りの学生証の場合、身分証明証は不要です。受付にて確認させていただく場合があります。ご提示いただけない場合、ご入場いただけない可能性がございます。
●領収証はPeatixの領収データをご利用ください。個別の発行は行なっておりません。
●会場にクロークの用意はありません。
●複数枚ご購入いただいた場合は、個別に受付できるようにPeatix内で譲渡いただくか、なるべく全員揃ってご入場ください。

■お問い合わせ
イベントに関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#498358 2019-11-25 04:43:32
More updates
Fri Nov 29, 2019
10:30 AM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
室町三井ホール (COREDO室町テラス3階) ※近隣の「日本橋三井ホール」ではございません。お間違いのないようお越しください
Tickets
カンファレンス|MITTR 会員限定(割引コードで8880円) SOLD OUT ¥14,800
カンファレンス|超早割 SOLD OUT ¥9,800
カンファレンス|早割 SOLD OUT ¥12,800
カンファレンス|学割(学生証をお持ちください) SOLD OUT ¥3,000
カンファレンス|一般 SOLD OUT ¥14,800
ネットワーキング・パーティ(カンファレンスチケットと一緒にご購入ください) SOLD OUT ¥10,000
Venue Address
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 Japan
Organizer
MIT テクノロジーレビュー[日本版]
135 Followers